会った時の注意点

会ってからがスタート

デートをして初めてお互いのことがわかりますので絶対に気を抜いてはいけません。

今までの努力を台無しにしない

出会い系サイトを通じてメールで知り合ってコミュニケーションをとって仲良くなって勇気を出して相手をデートに誘ってみたら相手からも会ってみたいという反応をもらうことに成功しました。日時も滞りになく進んで会う日が目前に迫ったという人もいるでしょう。

しかし、絶対に気を抜いてはいけません。出会い系サイトというのは出会いを目的にしているのですからその目的を達成させることはさほど難しいことではありません。相手も恋人がほしいとか結婚相手を探しているという婚活をしているという人に会って話してみましょうというのはさほど難しいものではないと思います。

例えばお腹がいっぱいの人においしい料理をあげてもあまり喜ばれませんし、食べたいと思われないでしょうが腹ペコの人にちょっとしたお菓子をあげたら喜ばれますよね。つまり出会い系サイトも会うまではそこまで苦労しませんよね。

会ったからといってもう目的が達成されたから後は自動的に付き合うことになるだろうと思っている人がかなり多いですが、会ってからがスタートなのです。会うまでは相手もどんな人だろうとかメールでは仲良くできたから実際に会った時も楽しい時間が過ごせるだろうという考えがあると思います。

だからこそ会ったときに相手をがっかりさせないようにしなくてはいけません。会うまでがゴールではなくてここからが本当の意味でもスタートになるわけですからここでは注意点を紹介していきます。

まず最初に気をつけなくてはいけないのは第一印象を良くしなければいけません。第一印象を良くするにはどうれすればいいでしょうか?いろいろなことを思いつくかもしれませんが、一番大切なのは笑顔で相手に接するということです。

一番最初に見せる表情が笑顔だったら相手も自然と心を打ち解けてくれるものです。また心の中でいい人だという印象がわくと思います。ですからちゃんと相手に笑顔を向けるようにしましょう。

そして次に大切なのは身だしなみです。お気に入りの服を着るのではなくて新品の服を着るようにしましょう。お気に入りの服というのはやはり何回も来ているので着くずれしていることが多いです。

相手がお気に入りの服かどうかなんて言うのは相手にはわかりません。それよりも新品の服のほうがパリッとしていて清潔に見えますから好印象を与えることになります。

最後に相手を楽しませようとする気持ちも大切ですが、素直に緊張していたら緊張していますと言ったほうが親近感が持たれます。相手に会ったら自分も緊張していますという一言を言うことで相手も共感を得ることができますので相手に伝えましょう。

この三つを守れば相手にも好印象を与えることができます。

↑ PAGE TOP