架空請求

冷静に見極める

見に覚えの無いところからの高額請求には十分注意をしましょう。

書面で来たら相談する

今の時代はインターネットが無くてはならない時代へとなってきました。インターネットがあれば何でも出来ますよね。

顔を合わせたことがない人とコミュニケーションを取ることはもちろんインターネットを通じて予約だったり、新しくて最新のサービスを受けることも出来ますし、その情報の更新も自由に取得することが出来ます。

さらには世界中の人とやり取りをして商談をすることも珍しくなくなってきています。

もはやインターネットがない時代に逆戻りなどは出来ない時代になってきましたよね。しかし、まだまだインターネットを普段は使わない仕事に就いている人もいますし、特にラインやゲームアプリぐらいしか使っていないという人も沢山います。

特にご年配の方は携帯は電話で話すぐらいでいいという人もいるでしょう。

そういった人たちでも出会い系サイトを利用している人も沢山いますが、そういったインターネットにあまり詳しくないという人やご年配の方たちをターゲットにした悪徳業者が架空請求をしてくるところがあります。

いきなり支払い請求をしてくださいというメールを送ってくるのです。メールのタイトルも【 最後通告 】だったり、「 強制徴収 」などどインターネットに詳しい人でも一瞬ドキッとするようなタイトルで届きます。

中を開いて見てみると難しい文章で書かれていて不安にさせます。

不安のあまりお金を払ってしまう人が居ますが、一度でも払ってしまったらその後も定期的に支払い請求が届くようになってしまいますので絶対に払ってはいけません。

まず身に覚えの無いものは払う必要がありますし、自分宛てとしてしっかりと名前が書かれているか確認しましょう。

どうしても不安だったら生活消費者に相談をしたりします。

支払い請求が来たから払わなくてはいけないという考えはなくしましょう。

↑ PAGE TOP