50代男性熟年婚

生涯を共に

お互いにバツイチ同士で寂しい人生を送りたくないので一緒になった

お互いの人生を尊重する

出会い系サイトは何も若い人たちだけが利用しているというわけではありません。

50代男性熟年婚をした体験談を紹介していきたいと思います。

結婚を一度はして幸せな家庭を築けていると思ったのですが、結婚して2年目で自分が子供が出来ない体質だということを知り、彼女のことを考えて離婚届けを提出しました。

そこから風のうわさで彼女が再婚をして子供が出来たということに喜びとほんの少しの寂しさを胸に抱えて過ごしていました。

それからは自分は結婚をしないほうが良いなって思っていたのですが、50歳を超えてこれから先一人で暮らしていかなくてはいけないのかなって思ったら急に寂しくなって生涯を共に過ごしてくれる人を探していました。


そこで出会い系サイトを利用しました。もちろん若い人が多い出会い系サイトですが、同じような年齢の人も利用しているわけでその人にアプローチをしました。

知り合った相手は52歳の女性でバツイチで子供が居るのですが、もう大きくなって独り立ちをして孫が居るということです。

今は一人で犬と一緒に過ごしているということで独り寂しく過ごしているということで最初はお茶とか食事を楽しみつつデートを重ねて付き合うことになりました。

籍はお互いに入れないで居ようと思ったのですが、子供さんの方から一緒に暮らすのであれば籍を入れたほうがいいんじゃないか?って言われて再婚に至りました。

祝福されたことにちょっとだけ恥ずかしさもありましたが、出会い系サイトを利用して本当に良かったと思います。

↑ PAGE TOP