長すぎる文章

受け取り側の気持ちを考える

送って満足ではなくてきちんと相手のことを考えた文章構成が必要です。

見やすく返信しやすい文章を考える

出会い系サイトでは1回のメールを送るごとに料金やポイントが発生することがあります。

女性の場合は完全無料で利用することが出来ますが、男性の場合はほとんどのサイトで料金が発生しますのでなるべく男性からしてみればメールでのコミュニケーションは減らしたいというのは誰もが思っています。

そのため1回のメールに情報をなるべくつめて相手にメッセージを送信しようとする人がいますが、これは嫌われるメールの一つですので長すぎる文章を送るのは控えたほうがいいです。

メールが届いた時に大量の文章を送られてきたらビックリしてしまいますよね。送っているほうからしてみればこれだけ大量の文章を送ったのだからより自分のことを知ってもらえると思って満足するかもしれませんが、受け取り側の気持ちを全然考えていないと思います。

仕事で疲れて家路についている時にメールを見ている人もいるかもしれません。そんな時に見ていたら疲れてしまいますよね。

またいちいち長すぎる文章に対して返信を一つ一つ返していくのも大変だと思います。

送ったほうは自己満足かもしれませんが、受け取り手のことを考えてシンプルで分かりやすく返信しやすいメールを送るのが一番大事です。

多少文章が長くなってしまう時もあるケースも話の流れであるかもしれませんが、一回二回ぐらいにしておきましょう。

基本は最大でも200文字以内に収めるぐらいで良いと思います。

↑ PAGE TOP