運営情報がない

隠れて行うもの

悪徳業者は警察からの調査が入るのを恐れて自分を隠します。

悪いことをしている自覚がある

人は悪いことをしている時というのは堂々と行わないですよね。隠れて人目を避けてコソコソ行います。

悪いことをしているという後ろめたさと周りに気づかれたくないという思いで極力避けるのです。

それは会社単位となっていても同じことが言えます。つまり悪徳業者というのは必ず悪いことをしているという自覚を持っているものです。

そのためなるべく自信の情報をインターネットに公開したがらないものです。だからこそ運営情報がないところは悪徳業者と言ってもいいでしょう。

そもそもな話ですが、インターネットサービスを運営をするものは必ず運営情報を公開をしなければいけないという決まりがあります。

公開をしなくては運営をしてはいけないのです。ですが、悪徳業者は利用者からのクレームなどが入るわけです。

またその利用者や弁護士などが警察などに調査をして欲しいと依頼をかけるわけですが、そういった依頼をする際にも運営情報が入るのが少しでも遅らせようとするために運営者情報を載せていないところがあります。

また利用者の方も出会い系サイトは悪徳業者が多いという認識があるのであれば運営情報ぐらいは確認して利用すべきです。

基本的に載せておかなくてはいけない情報としては会社名、代表者の名前、住所、連絡先、資本金などが挙げられます。

必ず確認しておかなくてはいけません。

↑ PAGE TOP